更年期障害の薬

更年期障害の薬

更年期障害の症状

更年期障害とは、主に女性が掛かりやすい病気で、50歳の閉経を挟んで、前後5年(45歳〜55歳)ぐらいの起こる病気です。

 

もちろん、男性にも更年期障害にかかる方がいますが、断然女子の方が多い病気になります。

 

女性は、必ず閉経と言う時期を迎えます。大体平均しますと50才が閉経時期で、その前後5年間の45歳〜55歳ぐらいの人を更年期と言います。

 

更年期の始まりは、整理不順から始まります。

 

生理の期間が長くなったり、短くなったり、生理の出血が多くなっり、少なくなったりと人によってまちまちですが、こんな状況を繰り返しながら卵巣の機能は徐々に低下していき、やがて閉経へと向かっていきます。

 

閉経になると、卵子からでる女性ホルモン「エストロゲン」が出なくなります。

 

脳では、エストロゲンの減少を感知して、エストロゲンを作らせようと、一生懸命「卵胞刺激ホルモン」を、出し続けます。

 

ですが、子宮ではすでに卵子の元になる卵胞自体を生産していませんので、脳からの一方的が継続した刺激により、ホルモン異常をおこして、このことは他の機能にも影響を及ぼし、自律神経がバランスを崩して、更年期障害特融の症状が出てきます。

 

また、50台のこの時期は、女性にとっても子供の進学や社会的なストレスなど、受けやすい時期でもあり、体自体の機能を全体的に低下していく時期でもありますので、いるんな事が重なり、更に、更年期障害の状態を悪化さ背ます。

 

更年期障害が酷く出る方は、だいたい女性の2割〜3割と言われています。

 

症状としては。

 

・ホットフラッシュ(火照り・のぼせ)
・頭痛(編頭痛)
・めまい。耳鳴り
・肩こり
・寝られない
・やる気が出ない
・イライラする
・ものに集中できない

 

などいろいろです。

 

どの症状が出るかは、その人の体調や、環境によって変わってきます。
主に言われる症状は、最初に書いたホットフラッシュが多いようです。

 

更年期障害を改善するために、いろんな民間療法がございますが、やはり、効果があるのは薬になります。

 

特に、不足した女性ホルモン「エストロゲン」の補充療法(HRT)がとても効果があり、劇的に改善します。

 

現在、更年期世代の人口に対して更年期医療機関がとても少ないため、女性たちは更年期医療機関を見つけるのが大変ですが、今では、ネットから更年期障害の薬が買えますので、安心してください。

 

★更年期障害の薬の詳細はこちらでご覧ください★

更年期障害の薬

エストラダームTTS50mg
エストラダームTTS50mg
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストラゲン)の塗り薬になります。閉経前後に起こるのぼせや発汗などの更年期障害を改善してくれます。
また生殖器の委縮による膣内の乾燥や尿失禁にも有効です。長期のご利用いただけますと、骨粗鬆症の予防にもなります。


 

オエストロジェル
オエストロジェル
日本で2007年に国内初の「肌にぬるプッシュ式ボトルのジェル剤型」エストラジオールです。
塗布跡が残らず皮膚刺激も少なく毎日の使用が簡便です。
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストラゲン)のジェルになります。閉経前後に起こるのぼせや発汗などの更年期障害を改善してくれます。
また生殖器の委縮による膣内の乾燥や尿失禁にも有効です。


 

エストラドットTTS100mg
エストラドットTTS100mg
更年期障害に伴う、女性ホルモンの補充をしてくれます。
エストラドットは体に貼るだけで、エストラゲン不足による更年期障害を解消して、卵巣欠落症状が下人の血管運動神経症や、膣の委縮症、骨粗鬆症に効果があります。


 

プレミアコンティニュアス
プレミアコンティニュアス
ホルモン療法治療薬(HRT)で、女性ホルモンのエストロゲンと、メドロキシプロゲステロン(黄体ホルモン)の両方が有効成分の「エストロゲン・黄体ホルモン配合剤」と呼ばれています。
2つのホルモンの効果により、女性ホルモンエストロゲン不足による更年期障害や、のぼせ、ほてり、カルシウム不足による骨粗鬆症の改善、膣の乾燥や、性行時の不快感などを改善してくれます。


 

リノラル0.05mg
リノラル0.05mg
リノラルは、女性ホルモン(エストロゲン不足を補充する飲み薬になります。
更年期障害、閉経後骨粗しょう症、卵巣発育不全などに効果のある「合成卵胞ホルモン薬」です。
またコラーゲン不足による、肌のたるみやしわなども改善してくれます。
また、「性同一障害」いわゆるトランスセクシャルの方々が「女性ホルモン補充」目的で使用されているケースもあるようです。


 

プレマリン1.25mg
プレマリン1.25mg
プレマリンは、女性ホルモン(エストロゲン)の不足を補う、卵胞ホルモン薬です。
不快な更年期障害や、生殖器の委縮による膣の乾燥や、尿失禁にも効果があり、続けて飲む事により骨粗鬆症の予防にもまります。


 

そのほかにも、更年期障害によく効く薬がありますので、下記をみて下さい。


★更年期障害の薬の詳細はこちらでご覧ください★

更年期障害とうつ病

更年期障害になりますと、出てくる症状は人それぞれに違います。

 

・ホットフラッシュ(火照り・のぼせ)
・頭痛(編頭痛)
・めまい。耳鳴り
・肩こり

 

などの体に直接の症状には、女性ホルモン「エストロゲン」の補充療法(HRT)などが良く効くのですが、

 

・寝られない
・やる気が出ない
・イライラする
・ものに集中できない

 

などの精神的な症状に関しては、うつ病の薬や睡眠導入際などを併用して使うことにより早期の改善が見込めます。
抗うつ剤もここ数年で、大きく改善されてとても良い薬が出てきていますので、安心です。

 

うつ病の薬に関しては、うつ病の薬/早めの治療が簡単完治を参考にしてください。

 

閉経後の数十年の人生を楽しく生きていく事が重要です。
我慢などせず、薬を上手に利用して、QOL(生活の質)を高めていきましょう。

更年期障害は一生続くのか

更年期障害は、更年期の間だけの話ですので、心配しないでください。

 

更年期障害は、脳が「卵胞刺激ホルモン」を出し続ける事で、ホルモンバランスが崩れて、発症しますが、薬の利用などにより、肉体的にも、精神的にも次第に安定していき、55歳ぐらいの間に数年で自然に消滅していきます。

 

そういう意味では、長く薬を飲む病気では、ありませんので、つらい時期を乗り切るだけの間薬を服用して更年期障害を乗り越えれば、何もないまま更年期は終了します。

 

更年期障害によく効く漢方があるや、こんなサプリが効き目があるなど、いろんな誘惑がありますが、更年期障害の理屈は医学的に解明されていますので、薬を利用するのが確実で、楽ですので、民間治療に依存しないようにしましょう。

更年期障害の突然の発作

更年期障害は、所構わず突然襲ってくることが多く、初めて経験するか方は、心臓が急に意味もなくドキドキしてきて、息苦しくなり、このまま死ぬのではないかなんて思ってしまい。戸惑いますが、自分が更年期障害を発症する年である事をしっかり理解していれば、そんな時も慌てずに済みます。

 

少し座れる場所を探して、ゆっくりと深呼吸をしましょう。

 

一時的なものですので、暫くすれば必ず、治ってきます。

 

またそのような状況が多発するようでしたら、早めに医者に行って、更年期障害なのかを確定してもらいましょう。

 

薬が決まりましたら、最初はお医者さんから頂いて、その後は、ネットで購入した方が、断然薬代が安く済みますので、ネットで購入するようにしましょう。

 

更年期障害は死につながるような怖い病気ではりません、一時的なホルモンバランスの大きな異常が体に出る時期だけの体の変化にすぎませんので、心配は必要ありません。

 

ですが、我慢するのは、得策ではありませんので、早期の投薬が早く体を楽にしてくれ、充実した日々を送る事ができます。